So-net無料ブログ作成

(ブログのタイトル)

(ブログの説明)
 

東レパンパシフィックテニス 決勝 [WTA40]

スポンサーリンク




東レパンパシフィックテニス 決勝

名前 合計
ペトラ・クビトバ(チェコ)
アンゲリク・ケルバー(ドイツ)


世界ランキング11位のクビトバが初優勝した。

クビトバの優勝は2月のドバイ・デューティーフリー以来で今季2勝目、
通算では11度目のツアー優勝だ。

インタビューから。

「私のテニスにはまだアップダウンが多くて、
それがフルセットマッチが多くなる理由だと思う」

「朝起きたときには疲れを感じなかったから、
今日の苦戦の理由は昨日のフルセット
(ビーナス・ウイリアムズと2時間24分戦った)とは
関係ないと思う。
彼女がいいプレーをして、
私が少しスローダウンしてしまっただけ」



クビトバは攻撃に特化したタイプで、誰が相手でも打ち破れる強さを持つが、
アップダウンが激しく、対戦相手に関係なく自滅してしまうことがある。

逆にケルバーは堅い守備で相手に自由に打たせないテニスが持ち味で、
非常に安定感が高い。

世界ランキング9位のケルバーは、グランドスラムの決勝進出経験が無い。
トップ10の中で彼女だけだ。
地味ながら、安定した強さがある。


ダブルスの決勝は、

カーラ・ブラック(ジンバブエ)/サニア・ミルザ(インド)ペア
4−6 6−0 11ー9
で優勝した。


今大会で話題になったクルム伊達公子のインタビューをどうぞ。









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。